景気に左右されない求人の在り方

求人票に載らない求人情報を調べることの大切さ 日本経済が活性化し、景気も回復基調にあります。有効求人倍率も上昇し、一部の業種では人手不足感があります。企業にとって、人材は経営の基盤となる重要な資源ですので、企業としてはより優秀な人材を獲得しようとします。これが求人活動です。ただ、景気の波によって、求人数が増減しますが、あまり増えすぎると景気が後退し、経営規模を縮小するような場合に、ポストが足りなくなるとともに、人がだぶつきます。逆に、経営規模の縮小に伴って採用人数を減らすと、経営のノウハウの伝承がうまく行かなかったり、企業としての経験値が減少したりします。

実際、バブル景気時には大量採用が行われました。玉石混淆の人が集まって、子会社への出向などにより優秀でない人材の処遇に困っているところがあります。景気に左右されない求人活動の方針を定めないと、人員構成が歪になってしまい、企業活動に支障を来しかねません。企業が、どういった事業を展開したいのか、そのためにどういった知識や経験、能力を持った人材が必要なのかを分析し、求める人材像を明確にする必要があります。その人材像に合致した人材を採用することにすれば、無駄な人件費も発生しなくなると思います。

関連情報

Copyright (C)2022求人票に載らない求人情報を調べることの大切さ.All rights reserved.